応援の声 菅野敦也

(菅野敦也)
【 日本一健全な成長可能性を秘める岡山市の責務 】
~ Beyondコロナの心豊かな Society 5.0 街づくり ~
札幌市から上京し、東京~大阪で25年ほど企業マーケターを担うなか、注目していた都市は、杜の都 仙台市と、アジアのリーダー都市を目指す福岡市。そんな手強い移住先競争を勝ち抜いたのは、実は、岡山市であったことを私は正直に告白いたします。
そう、2006年。大阪から移住し実感した、日本一の岡山市。
広島市は大切なパートナーシティではあるけれど、成長性はすでに限界レベル。ニューノーマルにおける中四国のリーダー都市を担う魁は岡山市であり、もはや避けようのない東京五輪の先の激動期を乗り越え、首都圏を日本を支えるのも、岡山市の責務。
但し。岡山市が成長できない理由は、旧態依然の構造にあり。
天下り人材の競合排他が育むボトルネックによる地域社会の成長ロック、自治体DXを阻むベンダーロックイン。極めつけは岡山市をクルマ社会から脱却させない問題の本質「路面電車ロックイン」事業の強行。も、構造改革によって成長を始める岡山市。
健やかな未来に臨む岡山市が求めるものは、シガラミを断ち切り構造改革を実現できる、高い志を掲げたニューリーダー。なにより重要なのはニューリーダーを輩出し、改革の志士が活躍できる場を創る、岡山市民の崇高な総意。一燈照隅・萬燈遍照――。
浦上雅彦さんこそニューリーダーの魁に、相違ありません。

<< 世界が憧れる岡山市 : Concepts worth spreading >>

https://www.sunverdir.com/smartcity.okayama.jp

facebook 2021年7月20日より